雑感日記

感じたことや発見・気付きを書いていきます。
 

2017年01月21日

お神楽の起源

神様に奉納する舞、お神楽(おかぐら)。

この起源は、岩戸隠れ伝説のとき、天照大御神(アマテラスオオミカミ)に外に出てきていただこうと、天鈿女命(アマノウズメノミコト)が岩戸の前で舞ったことだとも言われています。


衝立絵馬 岩戸神楽乃祖天鈿女命

そういえば、友人の神式結婚式に出席した際、巫女の方々がしゃんしゃんと鈴の音を鳴らしながら舞っておられたことを思い出しました。

あれも、神様に喜んでいただくための舞い(お神楽)だったのでしょう。

そもそもの起源ということでは日本神話、天鈿女命(アマノウズメノミコト)の舞い。

自分の頭にはそこまで浮かんで来ていませんでしたが、出席者で日本神話が好きな人とか、スピリチュアル関連に関心の高い人とかは、そういったことも思いながら眺めていたのかな。

posted by zakkan at 23:37| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする