雑感日記

感じたことや発見・気付きを書いていきます。
 

2010年11月15日

龍馬伝 後藤象二郎

龍馬伝、第46回は「土佐の大勝負」。

徳川幕府に大政奉還をすすめる建白書を書いてほしいと
土佐の大殿様、山内容堂に坂本竜馬が(後藤象二郎の仲介を得て)直訴をする場面が描かれていました。

坂本龍馬が山内容堂に面と向かって言ったというのはフィクションかな、と思いながら見ていましたが、史実はどうなのでしょうね。
(実際そういったことがあってもおかしくはない、という範囲内なのでしょうか)

それはともかく、坂本龍馬と後藤象二郎などを見ていて感じたのは
組織内で出世をしていく人材も大切だし、自由闊達に動き回る人物のなかにも輝く活躍をするものがいる、双方がシナジーを起こしたときに想像以上のエネルギーとなって大きな結果を導くことがある、ということです。

坂本龍馬のような脱藩浪士の活躍は痛快ですし、私も「すごい人がいたんだな」と思いながら、感動しながら龍馬伝を見ています。

ただ、後藤象二郎や西郷隆盛、木戸孝允といった各藩の組織内で認められている人物たちがいたからこそ、竜馬などの行動も世の中での動きにつながっていったというのも大きなことだと思います。

踊る大捜査線の青島刑事と室井さんのような関係ですね。

結局どういった立場だとしても、全力をつくして頑張っている人は素晴らしいのだと思います。
いまは歯痒く感じていることがあったとしても、いつかある方向から力が加えられて、一気に爆発することがあるかも知れません。

これからの日本は「守り」ではなく「攻め」に入っていかなければいけないような気がしますが、どういった方向に攻めていったらいいのかわからず、大きなうねりとなって表れていない段階と言えるでしょうか。

坂本龍馬や後藤象二郎たちが現代人にアドバイスが出きるとしたら、どう言うでしょうね。

「幕末の志士」肥前有田焼陶板額
「幕末の志士」肥前有田焼陶板額


posted by zakkan at 15:42| NHK大河ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする